« Maya LT~UVリラックスのツール設定 | トップページ | ラビストの開発中の画面~その2 »

2016年2月 6日 (土)

ラビットストーリー ~敵の当たり判定からエフェクトまで

進捗状況の報告ログです。


ラビットストーリーで敵の出現から、当たり判定、倒したエフェクトを実装しました。

ブログでは初になる開発中のゲーム画面公開です。


▼ ゲーム画面
Gamescene_4


青いカプセル状のオブジェクトがプレイヤー。
灰色のボールみたいのが敵です。

倒すとエフェクトを出して消えます。

エフェクトはここで公開されているEffekseerというソフトを使いました。

Unityに組み込むのにいろいろ苦戦しましたが、なんとか成功です。
Unityの組み込み方についても、後日まとめてブログに書こうと思っています。

この他にもエフェクトを作って、組み込みたいです。

以上、報告でした!

|

« Maya LT~UVリラックスのツール設定 | トップページ | ラビストの開発中の画面~その2 »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

ゲーム完成楽しみにしてます!
定期的にブログ見にきますー

投稿: ツナ | 2016年5月27日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535172/63174638

この記事へのトラックバック一覧です: ラビットストーリー ~敵の当たり判定からエフェクトまで:

« Maya LT~UVリラックスのツール設定 | トップページ | ラビストの開発中の画面~その2 »